伊勢型紙の彫刻技法

 渋紙(地紙)を彫り抜く(切り抜く)技法には次のようなものがあり、それぞれに応じた小刀(こがたな…彫刻刀)・道具を用います。一つの技法を習熟し極めるためには長い年月を要するため、一人の職人が本当に得意とする技法の数は1つか2つ程度になるのが通常です。かつて人間国宝(重要無形文化財)に指定された方々も、例えば六谷紀久男(錐彫り)・児玉博(縞彫り)・・(敬称略)というように名人にはそれぞれ得意な技法がありました。

縞彫(しまぼり)・引彫(ひきぼり)

縞彫
伊勢型紙の彫刻技法:縞彫り
中柄
伊勢型紙の彫刻技法:中柄
引彫(ひきぼり)用の小刀1
引彫(ひきぼり)用の小刀2

 縞彫は、鋼(はがね)の定規に小刀をあて、手前に引きながら縞柄を彫ります。簡単な作業のように思えますが、実は、重ねた地紙を力まかせに彫ると上と下では紙がズレてしまい、使い物にならないので、同じ個所を三度つづけて小刀を引きます。したがって定規、ひじ、手の位置、一度決めたら少しも動かすことができない極度に集中力を要する技法です。1センチ幅に最高11本もの縞を彫ることもあります。縞彫りまたは、引彫りと呼ばれます。

「引彫」は本来、上記の縞彫りの技法を指す言葉ですが、最近では小刀を引いて彫る技法を広く引彫と呼びます。
刃を2枚合わせる彫り方もあり、友禅・中柄の浴衣柄を彫る場合などその範囲は広いです。

糸入れ

糸入れ(拡大)
薄茶色の横線部分
糸入れ作業をする木枠
木枠に貼って作業します。
絹糸
絹糸

 縞柄や彫り残しの少ない型紙は、そのままでは型付け(染色)時に縞状の紙が動きやすく不安定なので、小刀で彫った後、紙を固定するために「糸入れ」という加工が施されます。その場合の型地紙は、あらかじめ、2枚に剥がし易いように作られており、彫り上がった後、2枚に剥がし、その間に、縞に対して横方向または、斜めに生糸(絹糸)を何本も挟み、適当な粘りのある柿渋で元の一枚に張り合わせます。細かく彫られた柄の2枚の紙を1枚に貼り合わせるので、非常に手間と熟練が必要とされます。
上図の、ヨコ方向の線が糸入れされた糸です。
従来はすべての技法で糸入れが用いられていましたが、大正十年頃、富山県高岡市の井波義兵衛氏により、絹の網を彫刻した型紙にかぶせ漆で固定し補強する紗張り(しゃばり)の技術が開発された為、「紗張り」という技法が用いられるようになってからは、糸入れのできる人はほとんどいなくなり、現在は縞彫りだけに用いられています。

突彫(つきぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:突き彫り
突き彫りの小刀(刃先)
突き彫りの彫刻
突き彫りの手元

 直径2cm~3cmほどの穴のあいた板(穴板)の上に地紙を置き、刃先を1mm~2mmほどに鋭く磨き尖らせた小刀を地紙に垂直に突き立て上下に動かしながら前方へ押すように、またもう一方の手で彫り口の調子をとりながら彫り進みます。5~8枚程重ねた地紙を一度に彫るケースもありますが、細い刃先を折らないよう注意しなければなりません。

 かなりこまかい文様が正確に彫れ、彫り口(彫り上がった線)に独特の微妙な揺れがあり、いかにも手彫りという「あじわい」と「あたたかさ」が感じられます。

 現在、直線や大きな柄を彫る場合、小刀を手前に引いて彫る彫り方が普通ですが、かつては、ほとんどがこの突彫でした。自在に小刀をあやつらなければならないので高度な技術が要求され、現在では突彫りの職人が非常に少くなってきています。

道具彫(どうぐぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:道具彫り
道具彫りの道具(分解状態)
道具彫りの道具(刃先)
道具彫りの彫刻1
道具彫りの彫刻2

 2枚の刃を合わせて、花びら・扇・菱形・角・米粒・幾何学文様などの形の刃物(「道具」と呼びます)を作り、その道具を用いて、ひと突きでそれらの形を彫り抜く技法です。職人は柄に必要な「道具」を、何百本という自分の持ち物から選ぶか、なければ、先ずその道具を作り、その後で彫刻にとりかかるのです。

 彫刻する前に彫りたい文様に合わせて道具を作ることから始まり、いかにいい道具を作るかが重要な作業となります。
道具作りは、薄い鋼を金づちでたたいて曲げヤスリなどを使い、焼きを入れ磨き上げてできあがります。

 複雑な文様が均一に彫り上がり、またその文様(形)の多様性が特徴で、江戸後期から発展しました。小紋柄には欠かす事のできない技法で、江戸小紋では俗にゴットリとも呼ばれます。

【参考】→道具彫りの道具

錐彫(きりぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:錐彫り
半錐(はんぎり)
半錐(はんぎり)の刃先

 半円筒形の刃物(錐)を地紙に垂直に立て、回転させることにより一つの丸い穴をあけ、その連続または大小の穴の組み合わせだけで柄を作って行きます。彫る時はアテバと呼ばれる作業台に両ひじをつけ、(右利きの場合)右手の薬指を地紙にあてて錐を持ち、左手で錐の最上部を回転させます。小紋柄では最も古い技法といわれ、鮫(さめ)・行儀・通し(とうし)・アラレ等の伝統的な錐小紋柄がこの技法で作られます。

 極限の仕事としては1cm四方に100個程の穴を彫ったものもあると言われます。同じサイズの錐を用いても微妙な力加減などで穴の大きさが変わってしまうため、出来上りの柄が単純なだけにかえって難しく、非常に集中力を要する技法です

小刀(道具)の比較

伊勢型紙の刃物(小刀・半ギリ・道具)

最後に、それぞれの技法の小刀(刃物)を比較してみます。
左から、突彫り・引彫り・錐彫り・道具彫りの道具(一例)です。

ご参考:伊勢型紙の彫刻などの静止画と動画があります。(他サイト)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)「教育用画像素材集」
IPA教育用画像素材集
 ※キーワードから探す→「伊勢型紙」で。(教育のために学校や教育機関、ご家庭にて無償で利用できる、とのことです。)

↑TOP