伊勢型紙

伊勢型紙を彫ってみよう(彫り方編)

  初心者の方が趣味として伊勢型紙を始める際、引き彫りか錐彫り(丸キリを使う)をされる場合が多いと思います。
(他の技法:突き彫り、道具彫りなどは入門には難しいので。)

ここでは、簡単ですが、引き彫り・錐彫りについてご説明します。

  1. 直線・曲線は小刀(こがたな)・デザインナイフ等で切り抜きます。
  2. 小さな丸は、その大きさにあった丸キリ(丸錐)と呼ぶ道具を使います。
実践!型紙道場なんでもメール窓口とは 実践!型紙道場なんでもメール窓口とは

1.引き彫り (小刀彫り)

引き彫り
  • 小刀(またはデザインナイフ・カッター等)を利き手に持ち、空いた手は、型紙を押さえます。
  • 小刀を自分の方に引きながら、型紙の黒い部分(図案入り型紙を使用の場合。)を切り取っていきます。
  • 図柄が切り易くなるような位置に、型紙を移動(回転等)させながら切って行きます。
  • 切り抜いた不要の部分(黒い部分)は、刃先で軽く突き刺して取り上げ、捨てます。

注意点

  • 適切な力(ちから)加減で切る。(紙が完全に切り取れてなかったり、逆に力をかけすぎて下敷きまで切ってしまわないよう、紙だけを切り取るつもりで。)
  • 小刀を前後(進行方向)に傾けるのは、構いません。
    • 真っ直ぐで彫りやすい線 ⇒ 小刀は、寝かし気味に
    • 細い線・曲がった線   ⇒ 小刀は、立て気味に
  • 小刀を左右には傾けないように。
  • 時には手首を固定して彫り、時には指先で回転させながら彫るなど、彫る形によって、上手く彫るコツをつかむようにしましょう。

2.錐彫り

 趣味で彫る場合、丸キリ(丸錐)と呼ぶ道具を使います。(職人さんは半錐という半円のものを使いますが、最近は丸キリを使うこともあります。)

丸キリ彫刻
  • 利き手で刃先に近い柄(え)の部分を持ち、彫る位置に導きます。
  • 反対の手は、親指が柄の端を押すようにして柄全体を握ります。この時、錐が垂直になるように気をつけます 。
  • 利き手に頬を当て、荷重をかけ、同時に錐を少し回転させて切るように彫り抜きます。
  • 力の入れ加減によって、同じ丸キリを使っても穴の大きさが変わってくるので、同じ力で彫るようにしましょう。

丸キリの基本的な使用方法

丸キリ使用画像
【右利きの方の場合】
  1. 型紙の下にビニールマット(下敷き)を敷きます。
  2. 両肘を机の上に付けます。
  3. 右手の親指・人差し指・中指で丸キリを支え、型紙対して垂直に立てます。
  4. 右手の薬指と小指は型紙に付けて、ズレないように固定します。
  5. 左手は柄の先端をつまむように持ちます。
  6. 左手の親指と人差し指(または中指)で丸キリを時計回りに回しながら、下向きに力を加えて型紙を彫り抜きます。
  7. 丸キリの径の小さいもの程刃先が細いので、力加減に注意してください。
丸キリ使用図

注意点

  • 繊細な刃ですので、押し抜きをしたり荒っぽい使い方をすると、刃先がかけてしまうことがあるので注意が必要です。
  • 伊勢型紙の型地紙(渋紙)以外の紙に使用した場合、切りにくい紙質のものなどは刃先を傷めやすいので、ご使用を避けてください。
  • 刃が錆びないように、時折、油を染ませた紙を丸キリで切って、少量の油分を刃先に行き渡らせます。
  • 丸キリの刃が切れにくくなった時は、(職人さんは)軽く研ぐこともあります。

彫り上がったら・・・

  • 彫り上がったら、額に入れたりして飾りましょう。
    四季おりおりの作品を色紙立てに入れ、玄関や床の間に飾ってください。
  • (柄によっては)彫った型紙を使って、図柄を紙に刷る事もできます。
  • こんな風にしても楽しめます↓。 (いろいろ工夫してみてください。)

1.彫り上がり
彫り上がり渋紙
2.こんな台紙を作って
色付き台紙
3.重ねて
重ねる
4.できあがりです。
できあがり
額に入れて飾りましょう。
↑TOP