伊勢型紙

和風建築の中の伊勢型紙インテリア

 このページに掲載の商品は一例です。
建築向けの伊勢型紙インテリアは受注生産となりますので、個人様・企業様ともにお気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の作品事例はこちら 

作 品 例

伊勢型紙照明器具「静」 伊勢型紙雪見障子「鈴鹿野」 伊勢型紙の襖「迎扇」

照明器具

「静」
しずか

雪見障子

「鈴鹿野」
すずかの



「迎扇」
むかえおうぎ

 縞彫りは、緻密に寸法を割り付けて、一気に定規をあてて彫ります。
わずかな縞の太さの違いによって柄を生み出します。

 四季をテーマにして広々とした野原を背景に、春はすみれ、夏は揚羽、秋は桔梗、冬は雪持ち笹。透光性を重視したデザインになっています。

 色型紙に古典小紋の七宝・菊菱・亀甲・籠目などを反り扇子にあしらったものです。

縞彫:小林 満 作

引彫:南部幸雄 作

道具彫:瀬川 昇

伊勢型紙の襖「手鞠唄」 伊勢型紙の襖「四季山水」



「手鞠唄」
てまりうた



「四季山水」
しきさんすい

 扇面と手鞠がテーマ。
扇面の中には麻・籠目・矢がすり・七宝・亀甲など、型紙小紋独特の文様が道具彫りで色型紙に彫り込まれています。

 日本の四季の移ろいを半錐を用いて山水風に表し着色することにより、深遠な雰囲気を重厚に表現しています。

道具彫:今坂国男 作

錐彫:大杉華水 作

伊勢型紙欄間「栄松」 伊勢型紙の地袋「歌菱」 伊勢型紙の門窓「賑」

欄間

「栄松」
さかえまつ

地袋

「歌菱」
うたびし

門窓

「賑」
にぎわい

 老松を中心に紅梅・笹を脇に配し、それぞれの主題を背景の青海地紋でつなぐところが型紙文様独得で難しいところです。

 古典文様を菱形取りにアレンジし、松竹梅と吉祥文様の鶴・蝶を剣片喰を基にしてデザインしたものです。

 家紋は平安時代から連綿と各家に受け継がれてきた家系を象徴する紋章で、植物を中心として天体・動物・器材・文字・文様などあらゆる分野にわたり、その数は六千近くあると言われています。
時間が育み続けてきた日本的デザインの集大成と言ってもよいでしょう。
この作品は「剣片喰」をアレンジしたものです。

引彫:南部幸雄 作

引彫:中島嗣雄 作

引彫:木村孝司 作

 伝統工芸:伊勢型紙は、和紙を柿渋で張合せ加工した型地紙(渋紙)に、熟練の職人が様々な技法を用いて手彫りで製作する型紙で、江戸小紋を始め様々な染色に用いられてきました。
↑TOP